社会不適合者でもやっていける生き方知りたくありませんか?

社会不適合者

こんにちは、社会に馴染むのが苦手なToumaです!

昨今、仕事での求められる能力が上がっております。職種にもよりますがコミュニケーション能力やマルチタスク能力や問題解決能力などなど・・・・

今や単純作業的な仕事はAIなどに取って代替されてきました。

そのため、
「仕事がうまくできない」
「正社員で毎日1日8時間週5で働くのが辛い」
「同僚と上手くコミュニケーションが取れない」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

かくいう僕も普通の人が普通にできる人間ではありませんでした。手先が不器用だったり、言われたことを秒速で忘れてしまうなど(笑) 他にも話が理解できないなど上げたらキリがありません。

そこで、今回は、社会に適応できずに悩んでいる人向けにオススメの生き方を紹介していきたいと思います。

結論から言うと、人生の王道ルートに拘らずバイト・ネット副業で生きていくのがベストです。

この記事を読んだほうが良い人
  • 自分が社会不適合者じゃないか悩んでいる人
  • 社会不適合者が無理せず生きていく方法
  • 社会に馴染むのが苦手な人に向いている職業を知りたい人

そもそも社会不適合者とは?

社会不適合者の特徴

社会不適合者の特徴は、社交性の低さ、他者との関係構築の難しさ、社会規範に反する行動、常識外れな発言や行動、または独自の世界観を持つことなどがあるでしょう。

また、うつ病や不安障害などの精神的な問題を抱えていることもあるかもしれません。ただし、これらの特徴が全て当てはまるわけではなく、個人差があります。

かくいう僕も、下記の性格・能力だったためかなり苦労している。

  • 異常に手先が不器用
  • 内向的な性格
  • 異常なまでのメンタルの弱さ
  • 運動神経が悪すぎる
  • コミュニケーション能力が異常に低い
  • 言われたことをすぐに忘れる

などなどあげたらキリがありません。

まとめると誰しも得意なこと苦手なことはありますが、極端に苦手なものがあったりコミュニケーションに問題があると社会不適合になりやすというわけです。

社会不適合者になる原因

社会不適合者になる原因は、家庭環境や子育て、人間関係の問題、ストレスやトラウマなどの精神的な問題、または個性や価値観の違いなどがあります。

たとえば、家庭環境が悪く、虐待や過保護などがある場合、子供の社交性や自己肯定感が低くなり、社会的な適応力が弱くなることがあるでしょう。

また、ストレスやトラウマが原因で、人とのコミュニケーションが苦手になることがあります。

私の場合は、下記のような状態に陥っていました。

  • 手先が不器用→学校の工作物を作る授業で一番遅い→先生に怒られる→自己肯定感の減少
  • 言われたことをすぐに忘れる→仕事で「何回言ったら分かるんだ!」と怒られる→自己肯定感の減少、ストレスの増加
  • コミュニケーションが下手くそ→友達ができない→さらにコミュニケーション能力が下がる

本当に悪循環でした。

今はなんとか働ける会社に勤めながら副業でブログアフィリエイトに挑戦しております。

社会不適合者にとっての生き方とは?

「生き方」という言葉ですが、ここでは「どんな職業・環境を選べば生きていけるのか」と定義します。

人生の王道ルートに拘らずバイト×ネット副業で生きていく

世間一般では人生を生きていくうえで王道ルートが存在します、

  • 大学または高校卒→大企業・一般企業に就職(正社員)→経験値を積み出世や結婚し家庭を築く→子供を産む→定年退職後年金で暮らす

上記の生き方が一番親にも安心され、世間体も良いわけですよね。

でも、社会不適合者がこの道を歩むのは明らかに向いてない、困難なルートとなっていることが多いでしょう。

であれば、自分が一番向いている生き方を選べば良いわけです。

個人的に一番オススメなのがタイトルにもある通り、バイト×ネット副業で生きることです。ネット副業とは、ネットでできる仕事を指します。具体的には、

  1. Webライター
  2. ブログアフィリエイト
  3. 動画編集

など様々な仕事があります。基本的に一人でする仕事のため、人間関係に悩まなくて良いというのが最大のメリットですね。

1.Webライター

webライターとはWeb上で文章を書いてお金を稼ぐ仕事です。

クライアントから求められた内容の記事を執筆する必要があります。

働き方は2種類あり、企業に属して働くケースとフリーランスライターとして働くケースです。

社会不適合者の場合は企業に属して働くのが難しいため、フリーランスライターとして働いているパターンが多いでしょう。

フリーランスライターはクラウドソーシングなどのサイトで案件を取って記事を執筆します。

2.ブログアフィリエイト

Web上で自分のメディア(ブログ)を持ち、記事を制作してそこにお客さんを誘導して商品を買わせる仕事です。

Webライターは文章を書くだけがお仕事ですが、ブログアフィリエイトは文章を書いて記事を制作し、お客さんを集めるための工夫を自分でし、そこからどのように商品を購入させるかまで考えなければなりません。

なので、Webライターより稼ぐ難易度は高めです。

しかし一旦軌道にのれば、収入の上限はなく月100万ぐらい稼げる夢がある仕事です。

3.動画編集

Youtube編集やウェディングムービーの作成など動画編集を主にする仕事です。

初期費用が少し必要ですので、若干抵抗がある方もいるでしょう。

しかし動画編集も基本ネットのみで完結する仕事であり、一旦軌道に乗れば安定的に稼ぐことができます。

まとめ

今回は、社会不適合者の方へ

  • 社会不適合者の特徴
  • 社会不適合者になる原因
  • 社会不適合者にオススメの生き方

を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました